自分の理想

オーダーカーテンを選ぶ際には必ずサイズを測ることを忘れてはいけない。
現在では家の設計は一様では無いため、それぞれの家によってもちろん窓の大きさや高さ、形も違う。
基本的にアパートやマンションであれば、通用市販されているサイズ規格で間違いないのだが、自分でオーダーするとなるとサイズを測る必要がある。
オーダーする前に、カーテンを取り付けようと思っている窓になぜカーテンが必要なのかを考える必要がある。
例えば、光が入りすぎてまぶしすぎるのであれば遮光機能が付いているカーテンをオーダーすれば良いし、冬場冷気を窓から感じるのであれば、外気を通しにくいカーテンを選べば良い。
自分でオーダーすることで、柄もサイズも機能も選ぶことができるのである。

オーダーカーテンは基本的には通常既成品として市販されているものに比べるとどうしても価格が高くなってしまう。
加えて、その人の好みや用途に応じて生地から選び、サイズ、素材を考えて作り出すのでどうしても時間と手間がかかってしまうのである。
このようなことを考えると、既成品よりも高くなるのは当たり前ともいえる。
しかしながら、高いとはいえ、オーダーカーテンならば自分の好みの部屋の雰囲気にすることも可能であるうえ、家のすべてのカーテンを揃えることも可能なため、家の統一感もでやすいのである。
現在では、比較的実店舗に行くよりも安く購入が可能なネットでもオーダーカーテンを購入することが可能である。
ネットの場合であればサンプルの色や素材の感じをチェックすることも可能であるうえ、あらゆる専門店をネットで比較してより安いところを選ぶこともできる。
もし、より価格を抑えたいというのであれば一度ネットをチェックしてみると良い。