カーテンの役割

カーテンは、普段意識することのないものだと思う人も少なくないが、役割は6つもあるといわれている。
まず、最もカーテンの役割として大きいのが日差しの調整をする役割である。
季節問わず、日中の日差しが眩しすぎる場合にカーテンやレースカーテンでうまく調整することができるのである。
日差しに加えて室内の光を調整する役割も担っている。
冷暖房の効果を高めるのも大きな役割で、カーテンがあることで窓の隙間から冷暖房が逃げにくく、外気の影響も受けにくくなるのである。
逆にドアを開けている時に、風の通り具合の調整もカーテンで行なうことができる。あまりにも風が強い場合はカーテンを閉めることによってうまく調整することが可能なのだ。
これらの5つの機能面の役割に加えて、部屋の雰囲気をつくりだす役割を持っている。
特にこの部屋の雰囲気を作り出すことはオーダーカーテンによってより理想の部屋を表現することが可能なのである。

カーテンの役割の中でも唯一、雰囲気を作り出し、部屋に彩りを与えることができるという面だが、オーダーカーテンであればより細かなところまで理想に近づけることが可能である。
現在では、日本古来の和をベースとした住宅や部屋だけではなく、洋風な家やアジアンチックな家、近年人気の北欧雰囲気など多様な家が存在している。
部屋の雰囲気は和室なのに、エスニックテイストのカーテンをつけてしまってはあまりにもバランスや雰囲気がおかしなことになってしまう。
オーダーカーテンであれば、生地から形、デザイン、色まで多様な種類から選べるので、もし理想の空間を作り出したいのであれば、オーダーカーテンを注文するのがよいだろう。